スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスター・デーブマンの死

今朝の新聞朝刊を見てびっくりしましたが

HBCラジオ 1970年代後半の黄金期を支えてきた

ミスター・デーブマンこと高田文之氏が脳梗塞による孤独死により亡くなったというのだ。

彼の活躍というのは40代後半で北海道生まれの北海道育ちなら

知らない人はいないぐらい有名です。

古くは HBCラジオ「ベストテンほっかいどう」 引越屋バンバンのCMナレーション

2005年位にはエリザベス宝石テレビショッピング これはたしか八波一起さん

堺菜穂子さんが一緒だったような、、、。

あと 90年代 UHBテレビの米山みつアナウンサーとの深夜のトーク番組

あと 最後のTV露出は確か2005年 ジェイコム札幌の専属からフリーになった

女性アナウンサーとアフラック保険の簡易型傷害保険のTVCMが最後で

ラジオは昨年2月のHBCの開局数十周年の記念番組。

あと 昨年11月とある札幌市内のアメブロやってらっしゃるジンギスカン屋さんに

顔を見せて記念写真を撮影した記事も存在する。

最近 比較的元気そうであったようですが

母に聞いたところ長年 糖尿病に苦しんでいたらしいと言う話もある。

以前 オイラは高田さんの消息はどうなのか気になっていたので

彼のことを記事にしたことがある。

それは 高田さんの家はオイラの家の近くの橋を渡った近くで

西区福井1丁目のラーメンどんちゃんという食堂の裏に高田さんの家があると聞いていた。

実際 かなり古い年代の高田さんのサインがその店にまだあるはずだ。

最近まで住所が変わっていなければそこに住んでいたことになるが

それは定かではない。

ただ1979年から1982年の春まで高校生だったオイラが朝 通学の為

ベージュとエンジのツートンカラーの市営バスに乗ると 高田さんがつり革をつかんでいる

光景を良く見た。

特別オーラの有る感じではなく普通の太った人だったが

隣に立っても「いつもラジオ聴いてますよ。」などいう事もなく

こちらもちゃらちゃらはできなかったな。

高田さんが印象的だったのはあのTBS「ザ・ベストテン」の中継で

キャンディ-ズがテイネオリンピアスキー場に来たとき

レストランに行くと高田さんが豚汁定食を食べていて

サインに気軽に応じていたことなのです。



すべてにおいて無駄は無いⅡ


朴訥としていて個性がなかったが高田さんの話術は

電話越しの聴取者に徹底的な聞き役に廻ることでファンを掴んだのだ。

ある意味男性版の黒柳徹子のような世界を持っていたように思います。

故人の冥福を深くお祈り申し上げます。

スポンサーサイト
プロフィール

サム

Author:サム
このブログ主がNIKON D7000とÎ-Phone6を
使って北海道を駆け巡り札幌から発信するブログ。
B級グルメかスキージャンプなどがその中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。