スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面倒くさい人たち3

おはようございます。

なぜ面倒くさい人たち3なのかというと2はタマゴ剥き剥きマンに

アンサー記事として書かれてしまったので止む無く3になりました。

ブラックなクレーマー?のお話。

これは聞いた話だけど とあるお蕎麦屋さんで


 客「こんなネチャネチャな蕎麦が喰えるかあ?」


 店主「申し訳ありません お代は要りませんので、、、。」


 客「そういう問題じゃなくてさ なんとかならないのかいこの蕎麦!!」


じゃあ何がどうでどうならいいのさという話ですが

一見の客でしょ。

しかも無料になると出入り禁止宣告を受けたようなものだから

格好が悪い。

このブログ読んでるかもね、、、。

オイラの場合はこのお店のお蕎麦のコンディションには波があるのを

承知で食べている。

例えば同じ回転寿司でも毎度 状態は違いますね。

でも 気に入らなきゃ二度といかなきゃいいのさ。


それから昔通っていたバーで

オイラがお店に入った瞬間の出来事。

泥酔した客とマスターのやりとり。


  客「なあ マスターよ なんでい 俺も客なんだから 客らしく扱えよ!」


  マスター「だから なんだって? 店にとって(ちゃんとした)客か客じゃないかは

       店が決める事なんだよ。 偉そうに客ズラすんなって!!」


と あっけなく秒殺。 

マスターはタンカ切るのも速いが歯切れも良かった。

ただ 泥酔客はオイラに少しからんできたけどね、、、。

基本的に 個人経営のお店は「客の言い分に負けてはいけない。」というのは鉄則です。

あと オイラの知人で大阪出身の方が

 

「店が客を選ぶのは当然のことだよ。」と申されます。


北海道ではこういう発言は忌避されるべきと思われる事かもしれないが

商人の町に産まれた方にはこういうポリシーが根付いているのだ。

まあ 客あってのお店 お店があっての客なんですけどね。


17年前琴似のはずれにある居酒屋で

店に入った瞬間


 客「あのう オレが今度来る時までちゃんと直しておけよ!!」


 店主「はあ どうもすみません。」


 でオイラカウンターに着席。

 でもなんの粗相があったのかがわからないが焼鳥のたれが甘かったとか

 なんだろうか? 聞くに堪えない思っていたら。

 その客は違う店の常連で オイラは軽く面識がありそのお店ではおとなしく呑んでいたが

 有名私大を出た不動産屋 社長で気位が高いという噂だったが



 オイラ「あれ このお店じゃ見ない顔じゃないですか?

     どうしたんですか? そんな 偉そうぶっちゃって!!

     何か食べて不味いものでもあったんですか?」 と


オイラが牽制すると その客は黙ってしまった。

このお店オイラは3ヶ月ほぼ毎日通っていたが たまたまその客は

いつもの店が定休日なので その店に寄ったらしいが

一見でとぐろ巻いちゃうのもみっともないですよね。


まあ 男は外で飲む時は威張ってたいってのもわかるのですが

場所が変わると その人の本性とか見栄っ張りな部分がでてくるのですかね?

酒呑んで 物事言い過ぎる輩が出てくると普段はへらへらしているオイラも

言葉の刀を抜くこともあるって話でした。



ほんだらね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

賛成
不味かったら2度と行かない。
店員等の態度が悪かったらすぐ席を立ってやはり2度と行かない。

2. Re:無題

>早乙女 主水之介さん

不味かったら行かないが基本。
ただ 多少 妥協しても家族が行きたいところなら我慢して行きます。
某回転寿司 シャリが硬くて美味しくないです。
でも 父が金出すので我慢して行ってます。
寿司は行列してまで食べるもんじゃないと思うし
寿司店で店主ときちんと会話を楽しみたいのです。
あと 店主1人でやってるラーメン屋さんとかは
愛想が悪くても 旨かったら行きます。

3. 無題

私も二度と行かない派ですねぇ
思い出したように、改善されたかなって気持ちで行く事はありますが
文句言うだけの愛着とかあるお店ならわからなくはないけれど、イチャモンつけたいだけなのは見てるのも嫌ですね><

4. 無題

お客様は神様です!という歌を思い出しました。
美味しいと思ってるお店に、一見さんで横暴や
味わかってねーなーって人を見ると嫌な気分になります!!

シラーっとそのお客様に爆弾放り投げることもしますが、笑顔で言うので静かになります。

私も嫌な客にならぬよう気を付けます

5. Re:無題

>あのさん

そうそう 文句といちゃもんはちがいます。
野球選手に対するヤジと一緒で愛情あるなら
また行きます。

6. Re:無題

>よっぱらい日記さん

お蕎麦食べブロガーでかなり辛口採点なかたが
おられます。
ただ 一見でも嫌味ないレビューならそれは
尊重されるべきです。
映画評論家が映画作らないようにね、、。
よっぱちゃんみたいに美味しいものを美味しく愉しく食べるという精神だと思います。

あ お客様は神様って、、、
お客様は人間です。 (笑)
プロフィール

サム

Author:サム
このブログ主がNIKON D7000とÎ-Phone6を
使って北海道を駆け巡り札幌から発信するブログ。
B級グルメかスキージャンプなどがその中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。