スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鰻食べましたか?

初夏を迎えてから3回くらい食べたかな?

うちは6人家族?なので2尾位購入してきて

ご飯茶碗に二切れのればいいほうかな?

一般的にはスーパーで養殖のニホンウナギの照り焼きをパックで購入してきて

レンチンしたりフライパンで酒蒸ししたり調理していただくのが大半。

まあ オイラは夕方ビールを呑んでしまうので穴子焼きと同様にご飯抜きで

つまみで食べる場合もある。

ただ ご飯茶碗に鰻を乗せて加熱すると

ご飯茶碗が熱くなりすぎて困った状態になるのをうちの母はまず理解しない。

なので 火傷のような危険性を避けるのにつまみで食べるのが安全なのだ。

今年は色んなスーパーで鰻を購入したが

なぜ今季はあれだけ値段が違うのかが不思議でならない。

どうも鰻はスーパーで購入するという習慣が殆どなので仕方ないといえば

仕方ないのだがこの土用の丑の日は8月にもう一度やってくるらしいが

読者の皆さんはこのような繁忙期を除いた時期に専門店や和食店で

鰻を賞味されたかたはいらっしゃるだろうか?

何か鰻を食べて早く出てくるのは札幌だと かど屋 二葉 うなぎやとかの

有名店なのだろうが きちんとすっぽんやうなぎが捌ける資格のある

「和食さん」と呼ばれる本物の板前のお店では時期になると

生きた鰻を仕入れてきてざくっとそれを捌いた上に蒸してそれから業務用のガス台で

焼いて出してくれるお店もある。

今から13年前かな?札幌市西区山の手のラルズマート山の手店

(昔はフレッティ大丸という名前のスーパーだった)の裏手に 川むらという和食店があり

たしか利尻島か稚内出身のマスターの川村さんがやっておられたお店で

この暑い時期になると厨房にクーラーボックスが持ち込まれ くねくねと生きた鰻が

15尾?15匹?ほど用意され捌く板場がまるでマグロ解体ショーさながらな

戦場と化すのだった。

クビに細い刃物を挿したと思ったら身は開かれ鮮血が滲み

そして肝吸い用に肝が分解されあっという間に串に刺されそして

軽く蒸し器に投入されそれが終わると焼き台に載せられてじんわりと香ばしい

匂いがしてきてそれがなんとも食欲をそそるのだ。

まあ かど屋のような有名店であればある程度蒸した白焼き?を

大量に用意するのだろうが個人のお店は鰻が出来上がるまでの行程を

楽しむというのが醍醐味なのであろうか?

もちろん すべての鰻が売り切れるわけではないし

生きた鰻はクーラーのに入れておいてもやせ細り肝心の旨み脂もなくなるから

生きて残ったものは予め捌いて蒸して冷凍しておくのが一般的。

あと 活鰻を出さないお店は七分焼きで調味されたレトルトを使うお店もあるが

それはそれで美味しい。

で 鰻の生態って未だ謎が多く太平洋ハワイに近いマリアナ海溝で

生まれそれが台湾経由で日本にやってきて四国の四万十川などの水の綺麗なところで

捕獲されるというのが一般的。

ただ 養殖技術がいくら進んでも養殖ではオスしか生まれないらしく

そこがなかなか一筋縄ではいかない鰻養殖の現状らしい。

話を戻します。

鰻を活から料理してもらって食べるのは最高の贅沢で

トータル最短でも40分はかかるので

軽く見積もってまともな釜飯屋さんの2倍の時間を所要する。

こうなると何か口を汚さない程度のものを頼みその時間を楽しむという

まったくもって日本古来の伝統的な和食のゆったりさなのだ。

まあ そういう手間隙かかってしまう鰻を出している時は

お店の空気が読めない人はある程度お店が客を選ぶのは当然という世界になる。

あっさりめなものを頼むならイカやひらめなどの刺身などを鰻が来る前に頼むオイラだが

通の酒飲みになると鰻が焼き上がるまでには

日本酒と新香を楽しむのが最も粋らしい。

でも オイラには未到達な次元です。

ただ 鰻にはしじみ汁なんてスーパーでPOPに書かれていたり

するが活鰻にはやっぱり肝吸いだな。

それにあっさりな糠漬けきゅうりがあれば最高だ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 鰻♪

さっきいただきましたぁ~!!
やっぱり高いね(笑)
けれど国産、
ここは妥協できない。

くだらない姉妹喧嘩で
せっかくの鰻のうまみも半減しちゃいました。

いいトシしていやだわ~

2. Re:鰻♪

>のんたんさん

あ どうもです。
時節柄の記事にいつも食い付いてくれて
どうもありがとう。
鰻ね。
ヨーロッパ種の中国産はオイラ嫌いじゃないです。
日本産鰻は最近 産地と餌で脂乗りが違うみたい。
鰻のお店で食べるより
スーパーで鰻の目利きする方が
最近たいへんです。
え 姉妹喧嘩?
お疲れ様です。
無駄に疲弊したくないよね。

3. 無題

今年は元旦から国産の上物を頂きましたが、
本番の夏、旬のものとしてはまだです。
ああも味の差がある食べ物もなく、なかなか
手を出す勇気もありません。
最も、私などは、値段が高ければ上物と思っている時点で
品定めをする目がないのがばれてしまいますが。(笑)
記事を拝見して、
明日当たり食べようかとおもいました。

4. Re:無題

>直樹さん

いやあ 本当に鰻と西瓜とメロンと桃の目利きほど
難しいものはありません。
ただ鰻は身の厚みが旨さの重要な要素かもしれませんね。
プロフィール

サム

Author:サム
このブログ主がNIKON D7000とÎ-Phone6を
使って北海道を駆け巡り札幌から発信するブログ。
B級グルメかスキージャンプなどがその中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。