スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年半前の激怒ネタアーカイブ記事


先日 書こうとしていた激怒ネタ。

もう2週間前くらいの話である。

夕方 テレビを視ていたら 東京三軒茶屋に「エゾシカフェ」という店があって

なんでも金曜日だけ営業でエゾシカ料理を30種類の中から

店主のお任せで提供するパーティー(正確にいうとエゾシカ料理を愉しむ合コンらしいよ。)を

開催しているらしい。

で 画面を見ていたら店主は北大の卒業生で

静内で1週間熟成された鹿肉を真空パックでネット販売を

通常の生業としているらしい、、、。

まあ つまり本州での販路拡大に取り組んでいるらしい。

で その静内の食肉業者の肉は札幌市内のスーパー6軒で取り扱いがあるらしい。

それとオイラがビックリな事と同時に

鹿肉のイメージアップや販路拡大としてはいいし

結構な事だと感心した次第。

ところがそのエゾシカフェの店主の話が

オイラが激怒するネタであった。

パーティー主催中のインタビューの取材だったのだと思うのだが

「北海道の人間はマズイ鹿肉しか食べた事がないから鹿肉を嫌がって食べない。

 東京の人間のほうが美味しい鹿肉を喜んで食べるし北海道の人間より

 たくさん鹿肉を食べますよ。」

とオイラ湯気がんがんSLのように立てそうになるような話でした。

なんだか今のTPP問題とか 過去のインドと英国の紅茶を巡る歴史的背景を思い出しちゃいました。

オイラは義理の叔父さんに陸別営林署の職員だった人がいて

鹿駆除のおこぼれで過去40回ほど鹿肉を食べた事もあるし

ブログをやっていた人の飲食店や知り合いのやっている居酒屋で

鹿肉生ハムや鹿肉鍋を食べた事があるがどれもとても美味しかったし

過去に1度だけ精肉処理に失敗した肉にヒットしてしまった事があるだけです。

2年前には極上の肉がヒットして 刺身で食べた事もあります。






だからオイラはマズイ鹿肉ばかりを食べている北海道の人間ではないのだ。

ところで数年前 南富良野に鹿肉の食肉工場が出来て

「なんぷエゾシカカツカレー」なんてメニューがお店やイベントで提供されるようになった。

エゾシカの美味しい部位はロースとレッグです。

でも なぜ 北海道では

「エゾシカの肉は臭くてマズイ!」という話が広まってしまったかという背景には

内臓を撃ってしまった鹿や 血抜き処理を失敗してしまった鹿肉が

処分に困ってお裾分けされそれを食べた人から悪い噂が広まってしまったと

オイラは考える。

臭いのは熊肉だと思います。

けれど熊肉もきちんと味噌と生姜で煮込めばおいしいですよ。

まあ 北海道の人間もエゾシカの肉をもっと食べてもいいんじゃないかと思います。







札幌市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村 のランキングに参加しております。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

我が家はここ最近生鮮市場にて購入した鹿肉切り落としを冷凍庫にストックしていますよ。

生鮮のは普通にうまいです。

2. Re:無題

>るっぴ~さん

なるほどなるほど 大谷地に鹿肉扱う会社があるそうで たぶん端材も流しているのでしょうね。
イザカフェの生ハムが懐かしい、、、。
プロフィール

サム

Author:サム
このブログ主がNIKON D7000とÎ-Phone6を
使って北海道を駆け巡り札幌から発信するブログ。
B級グルメかスキージャンプなどがその中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。