スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全大会に出ると映画や映画スターを思い出すのはなぜなんだろう?

安全大会って全国の建築業やゼネコンの従事者が

この時期 どこかのホールに集い 労働災害をゼロにしようという

安全意識を啓蒙する講習会のようなもので6月いっぱいがその準備期間

7月1日から7月7日が全国安全週間となっている。

この講習会では通常30分ほどの「舞台の主役」というその安全大会の組織機関が

製作したプロジェクター・フィルム映画をみることになっているのだが

昨日のとある安全大会ではそれはなし。

そのかわり 元請が雇用する安全講習の講師が登場し

スライドを見ながらの受講になった。













こんな単純なスライドをみせられるのだが

日々 安全意識を植え付けられても 人間は忘れやすい生き物で

講習や研修などは繰り返し反復しなければならない。

また 労働災害は検察などがいろんな立証をしてから

送検となるが 労働基準監督官が入ってくると 即送検であること。

監督官は麻薬Gメンといっしょで手錠や後ろ縄を持っているという話だ。

その代わり拳銃は所持していない。

これって 航空機のパイロットが逮捕権はないのに船の船長には逮捕権があるみたいな

話ですよね。

まあ 実際 一般市民にも逮捕権は存在し警察がくるまで

容疑者を拘束できる権限はあるそうです。

おっと 話が発展しすぎ、、、。

で この日は脚立の天板に乗っての作業はご法度なのですが

なぜ そうなのかを検証。

天板はA4サイズよりも小さいのでとにかくつま先とかかとがかからないから

転倒の危険度が高い。

あと ドリルなどを用いて壁の作業をすると壁の反力に押されて壁と反対側に必ず転倒するそうです。

中にはその倒れた場所に深さ14メーターのエレベーターピットあって転落して

大惨事が起った事例もあるそうです。

そういう倒れ方する人いましたよね。




そう単独の脚立からの転倒はこういう倒れ方らしい。

結構 危険度高いんだけど、、、。


今度「太秦ライムライト」という映画に初主演する

「5万回斬られた男」こと福本清三さん。

太秦の京都撮影所所属の斬られ役の方ですが

ハリウッドまで進出し「ラスト・サムライ」にも出演されています。

あの倒れ方で怪我しないって凄いですよね。


あと 人間の忘却曲線って

企業の新人研修でもよく出てきたりしますが

ATG映画「風の歌を聴け」の中で

黒木和雄さんが扮する精神科医がこの人間の忘却曲線を

説明していたような記憶がある。

今はテレビのナレーターで活躍する小林薫さんと

村上春樹の小説の

映画化でしたが妙に覚えているのはなぜだろう。

もう33年前の映画なんですがね、、、、。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
このブログ主がNIKON D7000とÎ-Phone6を
使って北海道を駆け巡り札幌から発信するブログ。
B級グルメかスキージャンプなどがその中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。